細胞をトレーニングする

01.心肺機能向上

ヘモグロビン増加による酸素運搬効率の向上

身体が酸素の低い状態にさらされると、体はミオグロビンとヘモグロビン含有量、毛細血管密度を増やし、筋肉への酸素供給を増やします。
こうした身体の適応反応により、パフォーマンスを向上させることができるとされています。

02.筋持久力向上

ミオグロビン増加による筋肉の酸素貯蔵量UP

03.貧血改善

エリスロポイエチン生成能力向上による赤血球の増加

04.アンチエイジング効果

低酸素状態による毛細血管の発達

心臓が強く拍動することにより、1回の拍動でより多くの血液が隅々まで行き渡るようになります。結果として、末梢まで回ってくる血液を運搬する毛細血管が太くなり、活動が促進されるのです。
毛細血管が太くなると、栄養が隅々まで行き届くようになるため、トレーニング後の回復効率が上がるメリットがあります。

05.ダイエット効果

ミトコンドリアの増加活性によるエネルギー生成効率UP

06.30分で2時間分の効果

高負荷によるトレーニングによって、トレーニング時間を短縮

低酸素の環境にいるだけでも体に負荷がかかりますので、運動すれば、なお一層効果が得られます。
例えば、低酸素環境での30分間のウォーキングは通常の2時間分の運動量に匹敵するとも言われています。
このように短時間でも長時間の運動に匹敵する効果が得られる場合もある為、怪我のリスクも軽減できます。

07.美容効果

低酸素状態による活性酸素生成の抑制

低酸素トレーニング ► 最新トレーニング ► 実績ある低酸素マシン ►

細胞をトレーニング ► 個人に合わせたメニュー ►

全ての会員様は、来店時に必ず血圧・脈拍・血中酸素濃度を測定してから運動をしていただきます。

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンにメール

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンに電話

低酸素高地トレーニングスタジオゾーン@LINE登録

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンアクセスマップ

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンお問合せ