低酸素・高地トレーニングとは

低酸素・高地トレーニング専門スタジオ

標高2000メートル 酸素濃度16.2%でのトレーニング

低酸素トレーニングは海抜0mよりも高い場所でトレーニングを実施する、高地トレーニングと似たトレーニングとご理解ください。わざわざ山まで移動する事なく当店で実施出来ます。

低酸素トレーニングを行いますと空気中の酸素が少ないため、低酸素状態となり、酸素欠乏の結果として、骨格筋エネルギー生成のために肺換気量の増加、循環血液量の増加、血液の酸素結合容量の増加、脂肪燃焼などがみられます。

強度を抑えたトレーニングでも、血中酸素飽和濃度を98%から80~85%まで減少します。
平地でのトレーニングでは、例え激しいトレーニングを行っても、ここまで血中酸素飽和濃度を下げることは非常に困難です。

血中酸素飽和濃度が下がると、酸素の摂取を正常化しようとして体の順応力が刺激され、エネルギーを生み出す力が高まります、エクササイズに用いる器具はインドアバイク、クロストレーナー、トレッドミルなどです。

「低酸素エクササイズ」を重ねていくうちに、身体が順応し血中のミトコンドリアも摂取した酸素をより効率的に消費するようになり少ない酸素量で同様のエネルギーを、あるいは同じ酸素量の場合より大きなエネルギーを生み出すようになります。
このように、身体は一定の低酸素濃度環境下に徐々に順応していき、身体能力が高まっていきます。

低酸素トレーニングはあらゆるプロ・アマスポーツの競技能力向上を目的に開発され、その効果は十分評価されており睡眠だけでも効果があります。

低酸素トレーニング ► 最新トレーニング ► 実績ある低酸素マシン ►

細胞をトレーニング ► 個人に合わせたメニュー ►

全ての会員様は、来店時に必ず血圧・脈拍・血中酸素濃度を測定してから運動をしていただきます。

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンにメール

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンに電話

低酸素高地トレーニングスタジオゾーン@LINE登録

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンアクセスマップ

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンお問合せ