トレーニング内容

低酸素(高地)トレーニングは、体力に自身のない方からアスリートにも有効です

体力に自信のない方にこそ低酸素トレーニングを

体力に自信のない方にこそ【低酸素トレーニング 】を取り入ることをおすすめします。多くのスポーツ未経験者やブランクが長い方にとって、トレーニングはキツく、辛ささえ感じるものです。
持久能力、心肺機能の低下によりトレーニングを始めてもすぐに疲れてしまいます。

我々の提案する【低酸素トレーニング】は、『持久能力』『心肺機能向上』に特化した補強トレーニングです。
トレーニングのベースとなる『持久力』の向上を約束致します。

アスリートの方々にとっても非常に有効なトレーニングである事は多くの方がご存知であると思いますが。特にエネルギー生成能力の向上により競技全体を通して持久能力の向上が図れます。
特に長距離、間欠的運動競技、に求められる持久能力を向上させます。

高地トレーング 山 低酸素状態イメージ

30分のトレーニングで2時間分に匹敵

我々は個々の心肺機能に応じた適切な強度でトレーニングを行い。全ての方々の持久能力、心肺機能向上に貢献致します。
個々の心肺機能、運動能力に応じて血中酸素濃度(以下SPO2)や心拍数(以下PR)は大きく変化します。
低酸素トレーニングは30分の走行あるいは歩行トレーニングです。
実施時は10分毎にSPO2値PR値を測定し測定値によって走速度を決定致します。
注目すべきは低酸素状態でのトレーニングは体への負荷が高いにも関わらずその負荷を感じにくい事です。よって比較的楽に高い負荷を体に与える事が出来低酸素状態でのトレーニングは30分のトレーニングで2時間分のトレーニングに匹敵します。

低酸素・高地トレーニングジム ゾーン

アスリート向けトレーニング

プロフェッショナル、アスリート向けのトレーニングにも対応

マスクを用いて個々の体力に応じた任意の低酸素濃度(標高)の設定が可能です。高地状態での運動のメリットは、効率よく酸素を取り込めるようになることで得られる『心肺機能の向上』『筋持久力の向上』だけに留まりません。

■ アスリートまたは競技者の会員様へ

アスリート会員様は最大3900mの低酸素状態でトレーニングを行えます。血中酸素濃度が65~75程まで低下する登山家の方々の順応トレーニングや低酸素トレーニングに慣れてきた方々にお勧めです。
アスリート会員様は別途マスクを実費購入していただく必要があります予めご了承下さい。

低酸素高地トレーニング アスリート競技者向け

体力に自信のない方や初めて運動される方にも対応いたします

ご年配の方や運動経験がない方、また体力に自信がない女性 の方にも対応いたします。各個人の体力に応じた無理のない 運動強度の調整、低酸素濃度(標高)の設定が可能です。
運動強度は、精通したトレーナーが、定期的に心拍数と血液 中の酸素濃度を測定して調整いたします。

低酸素高地トレーニング トレッドミル

低酸素トレーニング ► 最新トレーニング ► 実績ある低酸素マシン ►

細胞をトレーニング ► 個人に合わせたメニュー ►

全ての会員様は、来店時に必ず血圧・脈拍・血中酸素濃度を測定してから運動をしていただきます。

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンにメール

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンに電話

低酸素高地トレーニングスタジオゾーン@LINE登録

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンアクセスマップ

低酸素高地トレーニングスタジオゾーンお問合せ